ウェブデザインからアフィリエイトまで、ネットのこといろいろ

xreaにあった思い出のブログがデータベースのアップグレードで消された

タグ  

2004年から2008年まで続けていたブログ。
xreaのかなり古いサーバにおいてあったのだが、サーバのメンテナンスに伴うデータベースのバージョナップで、中身が消されてしまった。

運用していたのはMovable type 3.x

ブログを利用していたのは、Movable Type 3.x。今や懐かしいMT3と呼ばれていたCMSだ。
トップページとカテゴリページは静的ファイルを作っていたのだけど、個別ページは動的に生成していたので、データベースの中身が空だと当然エラーが出る。
気づいたのは、ページにエラー表示が出ていたからだった。

お知らせメールに気づいてなかった

xrea側からは複数回にわたってデータベースのバージョンアップに関するお知らせが来ていたようなのだけど、広告メールかと思って読まずに無視していた。
過去のメールをさかのぼって読むと、データベースのバージョンアップは、一度中身を空にする必要があるらしく、dumpファイルをサーバ内に保存するので、それを利用して各自中身を再投入するなり何なりしなさいとのこと。
ということで、気づいた時は、データベースの中身は空だった。

dumpファイルが開けない

で、そのdumpファイルなのだけど、文字コードの不具合で、なぜか開けない。
データベースを運用していたshift-jisで開くと文字化けするし、もちろんeucやutf-8でも文字化けする。
なので、データベースを復旧できない。

Movable Typeアップグレードは元々の課題

Movable Type3から最新版には直接のアップデートができない。
イラッと来る仕様なのだが、できないものはできないのでしょうがない。
なので、かねてからどうにかしたいと思っていたMTのアップデートはできず、長い間ブログを放置したままにしてきた。

思い出が空に

ということで、10年以上前から運用していた思い出いっぱいのブログが空になってしまった。
これは大ショック。
大ショック。
せめて静的書き出しにしておけばよかった。