ウェブデザインからアフィリエイトまで、ネットのこといろいろ

Photoshopスライスの理不尽な点

タグ 

FireworksからPhotoshop (CS2016)に乗り換え中。
様々な理不尽な点に納得いかない。
まずはスライスの愚痴について述べてみる。

スライスがレイヤとして保持されない

FireworksやIllustratorだと、スライスはレイヤの中にあるオブジェクトだ。
なのに、Photoshopではスライスはレイヤとして保持されていない。
なので、スライスを動かすときは、いちいちスライス選択ツールを使わなければならない。
不便なことこの上ない。
Fireworksなら、普通の選択ツールで選択できるのに…。

Photoshopのスライスはコピーしにくい

スライスが普通のレイヤじゃないので、コピーして貼り付けなどといったことができない。
コピー&貼り付けは、当たり前の機能(だと思う)のだけど。
「alt+ドラッグ」
でコピーできるけど、
「切り取り&貼り付け」
はできない。
ちなみにさらに言えば、altキーを先に押してからじゃないとコピー出来ない。
これはスライスだけじゃなく、Photoshop全般について言えるかも。

Fireworksなら、普通の矩形と同じように切り取りやコピーができる。

スライスを制御するためのパネルがない

Fireworksならスライスのパネルがあるので、大きさや座標をすぐに変えることができるし、画像形式もパネルから簡単に変えることができる。
複数のスライスを選択して、画像の書き出し形式も変えることができる。
Photoshopだと、Web用に保存(従来)からひとつひとつ画像形式を指定しなければいけないので、途中で気が変わった時などは実にめんどくさい。

レイヤに名前をつけて一気に書き出しという便利な機能もあるけど、デザイナーがデザインをして、コーダーがコーディングして、修正があったらまたデザイナーが修正をするなどといった場合は、この方法は使えない。
デザイナーにスライス付きのPSDを渡すとかそんなお伽話みたいなこと、実現可能なことの方が少ない。

結論

というわけで、Photoshopのスライス機能には大いに不満がある。
Photoshopしか使ったことのない人からしたら気に留めることではないのかもしれないが、web用に特化したfireworksから乗り換えると、いくら便利になったとはいえ、源流が写真補正ソフトだったんだなーとつくづく感じる。